病院に行くならどこに受診すればいいか

>

鼻のトラブルは早めに対応

鼻水の様子もみておこう

どんな鼻水が出ているかでも、風邪なのかそれ以外の鼻のトラブルなのかが想定できます。

風邪の場合初期はサラサラして、治ってくると粘度が高くなる場合が多いです。
風邪以外ではアレルギーの場合はサラサラ、副鼻腔炎の場合では青っぽい色の粘度の高い鼻水で、それが喉にも影響し痰が絡む等の症状が出ます。

風邪やアレルギーにより鼻のかみすぎたり、炎症を起こした粘膜から出血し鼻水に血液が混じる場合もあります。
血が混じる場合は、副鼻腔炎や鼻内腫瘍の場合もあるので要注意です。

鼻づまり位、時間が経てばそのうち治るとそのままにしてしまうと悪化して大変な場合もあります。
どんな鼻水が出ているのか様子はしっかり見ておいた方が良いでしょう。

風邪なのか他のトラブルか判断できなくても

病院に行きたいけど、耳鼻科に行って風邪だったら申し訳ないな、また内科に行くのも面倒だなと感じるかも知れませんが、もし風邪だったとしても治療も薬の処方もしてくれるので大丈夫です。

風邪なのに耳鼻科に行っても大丈夫かと悩む人もいるようですが、それは大丈夫ですし、鼻水を吸引したり、鼻全体に薬を塗布してくれたり、喉と鼻の通りを良くするなど、耳鼻科にしかない薬や医療器具もあります。

内科で処方された薬で改善されなかったのに、耳鼻科を受診したらすぐ治ったと言う話も良く聞きます。

鼻のトラブルなら原因問わず耳鼻科を受診するのが良さそうです。
鼻水の様子が明らかに変だったり、同時に耳の痛みも激しい時には手術が必要になる場合もあるので医療器具が最新の物を取り入れている個人病院を受診する方が詳しい状況がわかりやすいので安心です。

アレルギーに長年悩んでいるならアレルギーの治療が得意な病院を探しましょう。


この記事をシェアする